第二コスモス幼稚園
教育理念
教育方針
沿革
モンテッソーリ教育
活動紹介
年間行事
幼稚園での一週間
施設紹介
地図・住所
幼児教室
課外教室
アルバム
園だより
入園案内
ホーム

入園案内

沿革

1966年 コスモス幼稚園設立(船橋市)
コスモスの花(やさしく思いやる心)とコスモスの宇宙(なぜ、どうしてと科学する心)が育つことを目標に命名
1970年 6月にピアジェ博士来日
後ピアジェ理論、指導法を保育に取り入れる
1971年 4月1日学校法人戸村学園として認可される
1978年 学校法人戸村学園 第二コスモス幼稚園設立(四街道市)

<以下、第二コスモス幼稚園の沿革>
年少時にモンテッソーリ教育を実施
縦割保育を始める
(3年保育入園者のみ)
1989年 戸村和江 園長就任
1996年 戸村静江 元理事長が千葉県知事賞を受賞
1998年 戸村静江 元理事長が勲5等瑞宝章を天皇陛下より拝受
1999年
〜2000年
全国の小中高等学校幼稚園の中で文部省から50校のモデル校に認定
2000年 戸村静江 元理事長が没後、従六位の栄誉を賜る
戸村茂朗 理事長就任
2001年 戸村和江 元園長が千葉県知事賞を受賞
2005年 四街道市消防署長より設備等の管理が優秀と表彰状を受ける
2008年 戸村和江 元園長が没後、高倉幸世 園長就任
2010年 千葉県歯科医師会長より、歯の健康増進に優秀と表彰状を受ける



教育の特徴

教育面の推移について
創立者・前理事長(故)戸村 静江

 私が幼児教育を始めたのは、高校で化学の教員をしていた時に、ある場面に出会ったからです。授業で、化学現象に疑問を持ち、探求してくれることを生徒に望んで、いろいろと私なりに指導方法を考えたのにもかかわらず、なかなか意欲的に喰らいついてくれないなあと思っていました。そんな時に、幼い子が「なぜなの?」「どうしてなの」と母親に聞いているのに、母親は、「この子しつこい子ねぇ」とか「うるさいわねぇ」などと叱りつけている姿に出会ったのです。あー勿体ない、せっかく子どもが伸びようとしている芽を大人が摘んでしまう、と思いました。この場面に出会ってから、疑問を持ち伸びようとしている芽を大事に育てることはできないのか?いや育ててみたいという気持ちが湧いてきたのです。それからは、やもたてもたまらず周囲の協力を得てコスモス幼稚園を船橋市に創立しました。
 このようにして、高校教諭が幼児教育の世界に飛び込んだのですが、《どうしたら幼児が疑問を持ち、科学の芽を伸ばすことができるのか?》という難問にぶつかりました。最初の3年間は、いろいろな、指導法を教師と共に考えて計画するものの暗中模索の状態でした。






  昭和45年6月に、京都の国際会館に於いてのピアジェ博士来日記念講演会に参加し、講演を聞いて、私が3年間悩み迷っていた方法が解明されたように思いました。それからは、ピアジェ理論やその指導方法の勉強を始め、その年の2学期9月からその指導法を取り入れました。今から思うに強引に取り入れたにもかかわらず、よくついて、一緒に勉強してくれたものだとその当時の教師には感謝しております。 ピアジェ理論は難しく、なかなか理解できないのが当然なのですが、それでも幼児の指導に全力をつくして頑張ってくれていました。その当時のエピソードとして、幼稚園の卒業生がアメリカへ行った時、当時は日本では集合を算数に取り入れていなかった時代でしたが、幼稚園での算数で集合を取り入れた指導を受けたことを大変感謝され嬉しい思いをしました。

 漢字教育についても、幼児教育に大変効果があると聞き、私自身は最初、納得できなかったので、教師をつれ漢字教育者の石井勲先生の授業を聞いたり、漢字教育を取り入れている幼稚園を見学しました。その後、研究して教師達と話合いをしながら、その必要性を考え、ある意味ピアジェ理論と一致する面もあり、科学的な理論的方法で漢字教育をしている様子なので、理論的思考を指導するには取り入れる必要性があると考え、導入には2年かかりましたが、昭和48年から始めました。このときも、教師達がよく勉強をしてくれたことに感心しました。それからは、ピアジェ教育と漢字教育を取り入れて、現在もなお毎年、夏休みなどに研修会や講習会に参加し勉強を続けながら指導をしています。 幼児は、各々の家庭環境や生まれ月などにより育ち方の差が激しく、そんななかでの指導の難しさを考えるようになりました。一人ひとりの成長の様子を見て、その子その子に合った指導をする事が、その子の持っている芽を伸ばすことなのではないか、と考えるようになったのです。昭和48年の海外研修会に加わり、ヨーロッパに普及されていたマリア・モンテッソーリの教育法を見学し、子どものそれぞれ持っている芽を伸ばし、創造性・自立心・自己訓練・自身などの可能性を最大限に開花させる教育の必要性を感じました。帰国後、前園長戸村和江が『国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター』にてモンテッソーリ教育理論の勉強をして、国際資格を取ることにより昭和51年度より幼稚園の指導に取り入れました。

 当初は、3年保育のみ実施してきたのですが、その効果が見えてきたので、昭和55年度より2年保育にも自由保育中にホールで行いました。昭和59年からは各保育室で行い、昭和63年には、3年保育・2年保育の区別なく縦割保育と横割保育を組み入れてモンテッソーリ教育を実施し、やさしく思いやる心と科学する心を育んでおります。子どもが環境に自らかかわりながらそれぞれ育つように教師は援助し、子どもの考えや意見を取り入れ、子どもが自主的に活動するような環境を工夫するように教師に指導しております。平成2年から、文部省令により新教育要領が発足されましたが、登園の教育は、それ以前にモンテッソーリ教育を取り入れた時点から、環境を通して行う保育を実施しております。


第二コスモス幼稚園の推移
元園長(故)戸村 和江

  昭和53年4月1日にコスモスの花をこの地にも咲かせたく、第二コスモス幼稚園を四街道に設立いたしました。
 第二コスモス幼稚園は、コスモス幼稚園の教育理念と方針を基に、子どもの科学する芽を伸ばし、自然への探究心を大切にし、創造性豊かな人間形成を目指して、ピアジェ・モンテッソーリの教育心理学を取り入れて、年齢さの違いから影響しあえるものとして、縦割保育(異年齢)と一斉保育として横割保育(同年齢)を折り込んで、自律した人間形成の基礎を目指し保育しております。

 縦割保育では、生活面から尊敬と思いやりの心をその子その子の発達に合わせた保育を行い、横割保育では、同年齢の刺激と社会性を育み、科学する芽を育てています。幼児教育の基盤の上に人間形成があると思うと、私達幼児教育者の責任の重大さを感じ日々、子どもを見つめながら、教育効果をあげるべく教師ともども努力をしております。平成2年から文部省令により新教育要領が改定されましたが、第二コスモス幼稚園の教育は、創立当初からもモンテッソーリ教育を実施しております。平成12年の新教育要領の改定後「生きる力」の保育は、まさに経験体験をもとに自らの自主性を育めるような保育を実施しております当園の教育理念・方針そのままです。平成11年度と12年度の2年間に渡り、全国の小中高等学校幼稚園の中で50校の(文部省認定)モデル校として推薦され選ばれ、千葉県では当園のみで補助金もおりました。これはひとえに教師たちの日々のたゆまぬ努力のたまものと考えております。
このページの一番上へ
学校法人 戸村学園 第二コスモス幼稚園
〒284-0015 四街道市千代田1丁目30番地 TEL:043-421-0711 FAX:043-421-0712
copyright dai2cosmos.youchien.to. All rights reserved.